留学のメリットって何!?留学準備って何から始めたら良いの?海外留学の一歩を伝授します!
留学は今や特別なことではありません。統計学上も年々留学生人口は増えています!  
留学で何をしたいですか!?どんな海外生活を送りたいかで留学地を決めていきます。
単純に行きたい国、あこがれのあの国に生活したい希望のある人は国ごとに決めていきます。  
留学地によって、留学費用も変わってきます。予算によって、留学地を決めていきます。  
人によって色々な勉強方法があります。誰でも出来る初歩的な勉強方法、留学前の勉強方法を紹介。  
留学エージェントの役割、活用方法、選び方等を紹介します。  
 
為替情報はコチラから!
 
トラベラーズチェックの情報はコチラから!
 
シティバンクのキャッシュカード申請はコチラから!
 
留学に関するトラブルはコチラに聞いてみよう!
 
パスポート申請情報はコチラから!
 
各国のワーキングホリデー情報はコチラから!
 
オーストラリア各種ビザはお任せ!
 
 
 
  留学生を受け入れる教育機関は主に7つあります。各機関によって、学費、入学条件、期間、学ぶ内容などが異なりますので、要チェック!  
 
  私立語学学校  
 
非英語圏の主に留学生を対象とした私立の語学学校。日本の英語教育とは違って、文法やリーディング中心の授業よりも英語圏で生活していけるだけの日常会話力を養うことを目的としている。クラスは少人数で15名以内の構成。
学校によって年齢制限もあるが、18歳以上であれば誰でも入学が可能。18歳未満の未成年の留学の場合は、語学学校に受け入れ可能か確認が必要。日本人留学生はまず語学留学から始める傾向が強い。堅苦しい授業だけでなく、スポーツや遠足などのアクティビティなども用意されている。
総合的な英語力向上を目的とした一般英語コース、カレッジや大学進学を目的とした進学英語コース、TOEIC・TOEFL・IELTSなどのスコア向上を目的とした語学試験対策コース、その他にもビジネス英語コース、会話中心コースなど様々なコースが用意されている。基本的に毎週入学できるが、大抵はコーススタート日が月1回のペースで用意されているので、そのスケジュールに合わせた方が良い。1つのコースにつきレベルが複数用意されており、週に1回か月に1回クラス分けテストが行なわれ、自分のレベルにあったクラスで学べます。
学校によって18歳以下の入学を受け入れていない学校もあるので、要チェック!一般英語コースは誰でも入学可能だが、その他のコースはある程度の語学力が必要とされ、入学日にクラス分けテストで一定以上の語学力を認められた場合につき、その他のコースの受講も認められる。
1万円〜4万円/週
平均授業料(目安): 2万5千円/週
 
  高等教育機関付属語学学校  
 
主に大学の付属語学学校が多い。オーストラリアでは、TAFE(職業専門学校)に入学を希望する留学生のために付属語学学校を設けているところもある。大抵の場合、大学本科に入学するための授業構成が取られている傾向が強く、上級コースに進むに従って、講義形式の授業スタイルをとる(アカデミック形式)所が多く、私立語学学校とは同じ語学学校でも学ぶ事が異なってくる。
大学のシステムによっては、付属語学学校の進学英語コースを修了すれば、TOEFLやIELTSなどの語学試験のスコアの提出を免除で進学が許される場合もある。大抵は大学と同じキャンパス内にあるので、図書館や大学の施設の利用ができるのも魅力の1つ。
私立語学学校は日常会話力を高める事に力を入れているが、付属語学学校では、総合的な英語力を高める部分に力を置き、プレゼンテーションの仕方、レポートの書き方、ディスカッションの仕方などのアカデミックスキルを身につける部分を重要視している。
特になし。コースによっては、ある程度の英語力が求められる。
2万円〜5万円/週
平均授業料(目安): 3万円/週
 
  私立専門学校  
 
専門的な技術を身につけることを目的とした学校だが、ビジネスやITなど馴染みのある学科を主に開講されている。期間は数ヶ月〜半年程度の趣味的内容から、2〜3年の長期プログラムまで様々なコースが用意されている。
私立の場合は、公立とは違い、学費や入学時期、期間、入学条件などが非常にフレキシブルなので、自分の計画に合わせた留学が可能となる。学校によっては、長期プログラムを修了した後、大学への編入プログラムを用意しているところもあり、多くの留学生がこのプログラムを使った大学進学を目指します。
システムは各学校によって違います。選ぶ学科によっても、授業スタイルが異なります。雰囲気は日本の専門学校や大学と同じ感じで、レポート、プレゼンテーション、試験などで成績が出るシステムとなる。
高校卒業資格、英語力(TOEFL 173 〜 213、IELTS 5.0 〜 5.5)、デザイン関連学科であれば、ポートフォリオの提出が必要な学校もあり。
40万円〜230万円/年
※大学付属カレッジ(専門学校)は、授業料が私立のカレッジの2倍以上
 
     
  公立職業訓練学校  
 
職業に直接結びつく、知識や技術を学ぶ事に重点を置いた公立の教育機関。具体的には、イギリスやアイルランドの公立カレッジ、オーストラリアのTAFE、ニュージーランドのポリテクニックが該当する。
分野は私立専門学校の学科に加え、医療や福祉、デザイン関連学科も充実しているのが特徴。
期間は3ヶ月程度〜3年の長期に渡るものまで様々なコースが用意されている。私立専門学校と同様に、修了することによりCertificateやDiplomaが取得できる。現地の大学と提携しているところも多く、コース終了後には大学に編入する学生も多い。
高校卒業資格、英語力(TOEFL 173〜213、IELTS 5.0〜5.5)
45万円〜140万円/年
※公立学校だが、留学生は正規の授業料が適用されるので、授業料は私立専門学校に比べても高い傾向にある。
 
  コミュニティーカレッジ  
 
北米に多い地域密着型の2年生大学。学術系と職業訓練系の2種類のプログラムがある。
職業専門系のプログラムには、現地の産業を反映したプログラムもある。
大学に直接入学するよりも、コミュニティーカレッジを卒業後に大学の方に編入する留学生が多い。
高校卒業資格、英語力(TOEFL 173〜213)
25万円〜170万円/年
 
  大学  
 
学位取得年数は、国の教育システムや学科によって異なる。アメリカ英語圏の大学は4年制、イギリス英語圏の大学は3年制が一般的。
一般教養科目と専門教育の重視割合は、国の教育システムや学科により大きく異なる。
成績は、レポート課題、試験、プレゼンテーション、ディスカッション、学位論文、等で決められる。学校によって基準は様々。
高校卒業資格、高校の成績(GPA 2.0〜3.0)、英語力(TOEFL 173〜250、IELTS 6.0〜7.0)、英語力が足りない場合には、大学付属の語学学校の入学をまず勧められる可能性がある。
45万〜370万円/年
 
  大学院  
 
学術系大学と専門職大学院(プロフェッショナルスクール)がある。国によっては、学士号と修士号との間にあたる、Graduate CertificateやGraduate Diplomaなどが設けられており、ステップを踏んで修士号に挑戦できるシステムもある。
プロフェッショナルスクールは、日本に少なく人気が高い。修士号は取得は社会人の挑戦も多い。
プログラムは学校によって様々です。研究主体のリサーチプログラム、講義中心のコースワークプログラムに大抵は分かれる。
学士号、大学での成績(GPA 3.0以上)、英語力(TOEFL 173〜250、IELTS 6.0〜7.0)、入学適正試験(GRE、GMATなど)、研究計画、エッセー、担当教授や上司の推薦状など
40万〜370万円/年
 
 
 
英語教材を徹底分析してます!
留学資料をゲットしよう!
 
 
     
 
Copyright (C) 2003-2005 1st Kaigai Ryugaku Dot Com. All Rights Reserved
This site was designed and produced by Web Technical Team.
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO