留学のメリットって何!?留学準備って何から始めたら良いの?海外留学の一歩を伝授します!
留学は今や特別なことではありません。統計学上も年々留学生人口は増えています!  
留学で何をしたいですか!?どんな海外生活を送りたいかで留学地を決めていきます。
単純に行きたい国、あこがれのあの国に生活したい希望のある人は国ごとに決めていきます。  
留学地によって、留学費用も変わってきます。予算によって、留学地を決めていきます。  
人によって色々な勉強方法があります。誰でも出来る初歩的な勉強方法、留学前の勉強方法を紹介。  
留学エージェントの役割、活用方法、選び方等を紹介します。  
 
為替情報はコチラから!
 
トラベラーズチェックの情報はコチラから!
 
シティバンクのキャッシュカード申請はコチラから!
 
留学に関するトラブルはコチラに聞いてみよう!
 
パスポート申請情報はコチラから!
 
各国のワーキングホリデー情報はコチラから!
 
オーストラリア各種ビザはお任せ!
 
 
 
  ワーホリに行きたい!でも、ワーホリのこと何にも分からない!普段聞きなれない言葉なので、そんな人は普通に多いです。そこで、まずはワーホリ制度の背景や経緯、制度の趣旨を理解するところから始めましょう!  
 
  スタートから20年以上の歴史を持つワーキングホリデー制度!  
   ワーキングホリデーとは、仕事をすることで滞在賃金を補いながら、最長1年間の海外生活を体験できる制度です。日本がオーストラリアとの間にワーキングホリデー制度の取り決めを1980年に行い、制度がスタート。その後、ニュージーランド、カナダ、韓国、フランス、ドイツ、イギリスが加わり、現在のワーホリ対象国は7カ国。ヨーロッパの主要3カ国でワーホリが可能なため、フランス語、ドイツ語を勉強している人をはじめ、これらの国々やヨーロッパに興味のある人に魅力的な制度として定着した。  
 
  オーストラリア、ニュージーランド、カナダが人気TOP3  
   ワーホリの人気の地域と言えば、オーストラリア、ニュージーランド、カナダの3カ国に集中している。ワーホリビザの発給数も年々伸びている。この3カ国の人気の理由と言えば、やはり何と言っても英語圏であるということ、そしてワーホリ制度の歴史が長く、定着してきたこということにある。物価もそれほど高くなく、比較的治安も良く住みやすいことなどが理由に挙げられる。  
 
  国際交流が目的  
   ワーホリ制度は、各国政府間との協定によって取り交わされている。主な目的は、『長期間の滞在によって相手国の文化と一般的な生活様式などを理解する』ことを前提とし、それによって『人生経験豊かで広い国際氏やを持った青少年を育成、両国間の相互理解、友好関係の促進を目的としている』のです。
 もともとは、英連邦内で若者の交流を図るために実施されてきた制度で、日本にも国際的に開かれた国であることを示す必要に迫られたために、その一貫として導入された背景を持つ。
 
 
  1年間のフレキシブルな環境が魅力  
   ワーホリ制度の魅力は、何と言っても1年間という長い滞在期間が許されること。そして、その期間の過ごし方を様々に組み立てることが出来るフレキシブルな点が挙げられる。通常は観光ビザであれば、短期間の滞在しか許されない、学生ビザであれば、学校へ通うことが前提となる。ワーホリビザの最大のメリットは、観光、仕事、勉強、ボランティア、スポーツ、資格取得と多くのことにチャレンジできるのが魅力です。
 ただし、デメリットもないこともない。オーストラリアやニュージーランドでは3ヶ月、カナダでは6ヶ月以上学校に通うことはできないし、仕事に関しても同一雇用主のもとで3ヶ月以上働けない制限(オーストラリア、ニュージーランド)などもある。
 
 
  資金不足は活動範囲を狭める  
   現地で仕事は出来るとは言え、大抵は生活費を多少補う程度の低賃金のアルバイトとなる。また同一雇用主の元で3ヶ月以上働いてはいけないという条件が歩国もある。また、勘違いして欲しくない部分として、ビザがあれば必ず職があるというものでもない。外国人であり、言葉にハンディがある状態での仕事探しはどの国でも簡単ではない。よって、必要以上の大金まではいらないが、必要最低限の費用は必要です。
 現地で働いて、生活費の全てをまかなうのは、かなり厳しい。ワーホリ生活を堪能するためには、何と言っても現地で働かなくても生活できるだけの資金があった方が良いに越した事はない。
 
 
  年齢制限があるので要注意!  
   ワーホリの大きな条件としては、年齢制限があること。イギリスは18〜25歳(政府が認めれば30歳まで)、他の6カ国は18歳〜30歳までのみがワーホリビザの申請を許される。また、ワーホリビザは同一国に対し、1人1回のみ発給され、発給は日本でのみ。例えば、オーストラリア滞在中にニュージーランドのワーホリビザは申請できないので、その場合には日本に一度帰国する必要性がある。  
 
  本格的に語学の勉強をしたい人は留学  
   しっかりとした英語力を身につけたい、高いレベルの語学試験のスコアを取得したい、など語学をしっかりと勉強したい人は学生ビザでの留学を勧めたい。というのも、ワーホリは語学学校に通う期間に制限がある国が多いからです。そもそもワーホリ制度は勉強目的のためのビザではなく、文化交流や人間育成の部分に重点を置いているからだ。
 選ぶ国によっては3ヶ月しか学校に通えない。3ヶ月ではようやく現地の言語に耳が慣れてくる程度で、とても仕事で使える英語力までとはならないのが現状です。日本で仕事に使える英語をマスターする最低の留学期間が6ヶ月と言われるが、それでもかなりの努力が必要で、学び始めると物足りなさを感じる人も多々いるくらいです。よって、語学向上が第一目的である場合には、ワーホリビザよりも学生ビザの方が好ましいと言えるだろう。
 
 
 
 
英語教材を徹底分析してます!
留学資料をゲットしよう!
 
 
     
 
Copyright (C) 2003-2005 1st Kaigai Ryugaku Dot Com. All Rights Reserved
This site was designed and produced by Web Technical Team.
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO