留学のメリットって何!?留学準備って何から始めたら良いの?海外留学の一歩を伝授します!
留学は今や特別なことではありません。統計学上も年々留学生人口は増えています!  
留学で何をしたいですか!?どんな海外生活を送りたいかで留学地を決めていきます。
単純に行きたい国、あこがれのあの国に生活したい希望のある人は国ごとに決めていきます。  
留学地によって、留学費用も変わってきます。予算によって、留学地を決めていきます。  
人によって色々な勉強方法があります。誰でも出来る初歩的な勉強方法、留学前の勉強方法を紹介。  
留学エージェントの役割、活用方法、選び方等を紹介します。  
 
為替情報はコチラから!
 
トラベラーズチェックの情報はコチラから!
 
シティバンクのキャッシュカード申請はコチラから!
 
留学に関するトラブルはコチラに聞いてみよう!
 
パスポート申請情報はコチラから!
 
各国のワーキングホリデー情報はコチラから!
 
オーストラリア各種ビザはお任せ!
 
 
 
  いろいろなことが出来て、自由度が高いワーホリ。
それだけに、色々と誤解も多いので、要注意です!
ワーホリにありがちな自己流解釈は止めて誤解を改めよう!
 
 
   これは間違った自己流解釈です。確かにワーキングホリデーのワーキングの部分は日本語に直訳すれば仕事を意味してくるわけですが、このビザはあくまでホリデーのためのビザで、若い方に向けて異文化を経験して貰うためのコンセプトでスタートしたものです。

 仕事はあくまで、海外生活での資金を補うものです。だからこそ、30歳以下のあらゆる人に開かれている制度であり、本格的に働く為には就労ビザが必要とされ、どの国でも別の厳しい基準があります。
 
   これこそが本当に在り得ない事実なのですが、中にはそう思い込んでいる方がいるのも事実なのです。確かに現地で毎日生活していれば、24時間英語環境ではあり、あいさつや買い物が出来る程度の英語力を身につける程度はできるでしょう。

 しかし、現地には多くの日本人が滞在していますので、日本語環境も全く無いわけではありませんし、都市部であれば英語を使わなくても生活が出来てしまうのも事実です。海外に来てまで現実逃避し、日本語環境の方向に逃げてしまい、なかなか英語が上達しない方がいるのも事実です。英語が話せるようになりたい、貴重な経験をしてきたと胸を張って言えるワーホリは、人知れず努力をしているという現状を知っておくべきでしょう。
 
   まず、現地について浮浪者になりたくなければ、この考え方は改めなければならないでしょう!またワーホリビザを取得するのに、最低限の預金額証明を提出しなければならない国もあります。飛行機のチケット代だけとか、それにプラス数日分の生活費というのは論外です。

 最低限の費用だけで現地入りする方もいますが、大抵は資金不足に陥り、英語力向上を第一目標に掲げてきたのにも関わらず、アルバイトづくしの日々や、予定よりも早く切り上げて帰国しなければならなくなったという方もいます。

 語学学校はもちろん、旅行やアクティビティに参加出来ないとなれば、何のために海外に来たのだろうか!?という話になってしまいますし、現地でいろいろと経験をしたいと思っているのであれば、1年間を十分に過ごせるだけの資金は必要だと断言できます。
 
   これは全く嘘の情報ではないですが、かなり限られた範囲内での情報となるでしょう。現地にくれば仕事がゴロゴロあるという状態の都市は、まず多くの日本人が留学地として選ぶ都市部であることが最低条件。そしてその国の経済状態が良いことなども条件に入ってくるでしょう。どの国でも仕事がそう簡単に見つかるものではないというのを念頭に置いておくべきでしょう。

 また仮に仕事にありつけたとしても、日本と同じような時給が貰えるワケではない。仕事をすることがメインになりそうなワーホリは、まず都市部を選び、景気の良い国を選ぶことが大事だ。大抵の国の経済状況は悪く、失業率も高いので、そう簡単に仕事が得られるような社会状況ではない。

 また、 語学力が無くてもできる仕事の数はかなり限られる。プラス日本に比べて物価の安い国に行けば、もちろんその分だけ時給も安くなる。
 
   コンビニや便利な携帯電話に囲まれた日本での生活を海外に期待すると、現地の不便さにへきえきするかもしれません。現地ではあらゆることが日本とは違います。都市部を選べば多少は近い状態まで持ってこれる可能性はあるが、それでも日本の環境は海外に比べれば天国の環境なので、もし人口の少ない田舎の地域を選ぶ方は相当の覚悟が必要です。

 また、自分で主張しなくても、 『誰かが助けてくれるだろう!』なんて思ってる意識が少しでもあれば、改めるべきでしょう。ワーホリは自分で作り上げるものですから、誰かに用意して貰うという甘い考えは捨てなければなりません。
 
 
 
英語教材を徹底分析してます!
留学資料をゲットしよう!
 
 
     
 
Copyright (C) 2003-2005 1st Kaigai Ryugaku Dot Com. All Rights Reserved
This site was designed and produced by Web Technical Team.
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO