メールマガジン
シドニー留学・ ワーキングホリデーのススメ
  準備から現地生活、英語上達法まで、留学・ワーキングホリデー成功の秘訣を伝授します!!!  

大好評!

管理人がお届けします!
<全6日間メルマガ>
誰も教えてくれなかった留学の裏技教えます!
☆お名前☆
☆メールアドレス☆
留学のメリットって何!?留学準備って何から始めたら良いの?海外留学の一歩を伝授します!
留学は今や特別なことではありません。統計学上も年々留学生人口は増えています!
留学で何をしたいですか!?どんな海外生活を送りたいかで留学地を決めていきます。
単純に行きたい国、あこがれのあの国に生活したい希望のある人は国ごとに決めていきます。
留学地によって、留学費用も変わってきます。予算によって、留学地を決めていきます。
人によって色々な勉強方法があります。誰でも出来る初歩的な勉強方法、留学前の勉強方法を紹介。
留学エージェントの役割、活用方法、選び方等を紹介します。
 
為替情報はコチラから!
 
トラベラーズチェックの情報はコチラから!
 
シティバンクのキャッシュカード申請はコチラから!
 
留学に関するトラブルはコチラに聞いてみよう!
 
パスポート申請情報はコチラから!
 
各国のワーキングホリデー情報はコチラから!
 
オーストラリア各種ビザはお任せ!
 
 
 
 
 
  どこに行っても絶対に必要なものがあります。
このアイテムだけは絶対に事前に用意しなければいけません。
 
 
  パスポート  
  海外留学と言わず、国外に出るときは必要なのがパスポートだ。申請には1ヶ月程度の時間が掛かるので、留学を思いついたら直ぐに申請するくらい早く準備しておきたいアイテムです。  
 
外務省
 
  ビザ  
  パスポートど同様に重要なのが各種ビザだ。観光ビザで入国の場合に特別な手続きが要らない国もある。オーストラリアの場合にはビザをインターネットで申請出来るなど近年非常に便利になってきている。

自分の行きたい留学地の大使館のWEBサイトをチェックすると申請に必要な情報が書いてある。
 
  キャッシュカード  
  海外へのお金の持って行き方の一番お得な方法は、シティバンクのキャッシュカードで現地ATMで現地通貨を直接引き出す方法だ。現地銀行に口座を開設して海外送金する方法もあるが、毎回5000円近くの手数料が掛かるのでオススメできない。  
 
シティバンク
 
  クレジットカード  
  海外では多額の現金を持ち歩くと危険なので、クレジットカードは必須のアイテムだ。盗難の場合も想定して、2枚持って行こう!海外傷害保険付帯のカードであれば保険が適用されるのでオススメだ!  
 
DCカードJizile 〈年会費無料〉
《セゾン》アメリカン・エキスプレス・カード
 
 
  DCカード  
  海外傷害保険付帯のクレジットカードは、ただ持っているだけで入国から90日間海外傷害保険が適用されます。通常、3ヶ月の保険は2万円近くするので、非常にお得です。

予算の都合でどうしても海外傷害保険に入れない人も、このカードであれば無いよりはず〜っと役に立つはずです。しかもDCカードの『Jizile』は年会費が無料なので是非持っておきた一枚です。
 
 
  アメリカンエキスプレスカード  
  もう一枚のオススメのカードはセゾンの『アメリカンエキスプレスカード』です。このカードの魅力は海外傷害保険の保障額がDCカードの3倍と非常に高いこと。海外傷害保険が予算の都合でどうしても入れない人には、特にオススメです。

年会費は掛かりますが、海外傷害保険に3ヶ月と比較すればずっとお得です。インターネットの申し込みで即日発行が可能です。
 
 
  T/C  
  お金の持って行き方のもう1つのお得な方法がトラベラーズチェック(T/C)です。為替手数料が安いので、ある程度の額(10〜20万円)はT/Cで持って行こう。盗難に遭っても全額戻ってくるので安全な方法だ。シティバンクや最寄の郵便局で購入できます。  
 
トラベラーズチェック 〈詳しくはコチラ!〉
 
  航空券  
  現地入りの日程が決まったら航空券の予約を入れましょう。留学エージェントを利用する場合には、現地入りする日程を打ち合わせしましょう。航空券は1年の往復オープンチケットが割安です。インターネットの旅行代理店が一番安く購入できます。  
 
イーツアー 〈格安オンラインショップ〉
 
 
 
 
  絶対必要ではなくても、持ってきた方が良いアイテムがあります。
自分の留学のパターンを考えて、持って来るものを決めましょう!
なぜそれぞれのアイテムが必要なのかを解説していきます。
 
 
  パソコン  
  インターネットは語学学校や情報センターの一部で無料で出来ます。また大抵は街のあちこちにネットカフェもあり格安でネットが出来ます。1年未満の短期留学では特に必要なアイテムではありません。一方、カレッジや大学進学を考えている留学生は、レポートやプレゼンテーションの資料なども作成しなければならないので、正規留学の学生には必須のアイテムです。  
  デジカメ  
  デジカメは持ってきた方が良いアイテムの1つです。各留学地は多くの観光地があります。語学学校の友達やホームステイでの思い出などを有名観光地で思い出の一枚を撮っておきたい人には必須のアイテム。

海外でもデジカメは買えるが、日本の方が新しいデザインで価格も安いので、日本で買ってきましょう。
 
  電子辞書  
  電子辞書は絶対必須のアイテムです。語学学校に行くのならば、絶対に持ってきて下さい。書籍の辞書を持ってくる学生は殆どいません。理由は授業で先生の言った言葉や、教科書に出てくる単語をすばやく調べられないと、どんどん授業に遅れていきます。現地ではなかなか手に入らないので、忘れずに持ってきましょう!  
  ウォークマン  
  ウォークマンもたくさんの種類がありますが、一番多く利用する可能性があるのは、リスニング教材を使っての勉強です。その場合、多くはCD教材だったりするので、リスニング教材を勉強している人は、CDウォークマンは持ってきましょう。その他MDやMP3に関しては、それぞれの状況に応じて持ってくるか決めましょう。  
  カバン  
  カバンは絶対に必要ですね!ココのリストに挙げるまでもないのですが、色々な種類があるので参考までに採り上げました。スーツケースのハードケースで大サイズの場合は、それ自体でかなりの重さがあるので、あまり重いものを入れられないことも。預けられる荷物の重さには限度があるので、重量制限を航空会社に確認してから、持って行くカバンを決めたいところだ。  
  変圧器  
  電化製品を1つでも持ってくるならば、絶対に必要なのが変圧器です。変圧器は日本国外では買えないので必ず日本で購入しなければならない。また、タコ足配線も一緒に買ってくれば、変圧器1つで複数の電化製品が使えるのでオススメだ。もし買い忘れた時には、最後のチャンスとして、成田空港などの国際空港で必ず売っているので忘れないように!  
 
  常備薬  
  外国人と日本人の体の作りは違うので、特に普段から使っている薬は持ってきた方が良い。大抵の場合は風邪をひく程度だが、風邪1つにしても、自分が普段使っている薬の方が安心できる。特に持病がある人は忘れないように!現地のドラッグストアにも薬は売っているが、どれもこれも似通ったもので、どれが良いのか区別は付かない場合が多い。  
 
 
英語教材を徹底分析してます!
留学資料をゲットしよう!
 
 
Copyright (C) 2003-2005 1st Kaigai Ryugaku Dot Com. All Rights Reserved
This site was designed and produced by Web Technical Team.
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO