留学のメリットって何!?留学準備って何から始めたら良いの?海外留学の一歩を伝授します!
留学は今や特別なことではありません。統計学上も年々留学生人口は増えています!  
留学で何をしたいですか!?どんな海外生活を送りたいかで留学地を決めていきます。
単純に行きたい国、あこがれのあの国に生活したい希望のある人は国ごとに決めていきます。  
留学地によって、留学費用も変わってきます。予算によって、留学地を決めていきます。  
人によって色々な勉強方法があります。誰でも出来る初歩的な勉強方法、留学前の勉強方法を紹介。  
留学エージェントの役割、活用方法、選び方等を紹介します。  
 
為替情報はコチラから!
 
トラベラーズチェックの情報はコチラから!
 
シティバンクのキャッシュカード申請はコチラから!
 
留学に関するトラブルはコチラに聞いてみよう!
 
パスポート申請情報はコチラから!
 
各国のワーキングホリデー情報はコチラから!
 
オーストラリア各種ビザはお任せ!
 
 
 
  留学のタイプは4つに分けることが出来ます。タイプによって留学スタイルも変わるので、よく検討することが必要です。  
 
  何を学ぶ!?  
  語学学校は様々なコースを用意しており、それぞれのニーズに合わせた選択が出来る。一般英語コースが一般的で会話を中心に文法やライティングなど総合的に学ぶ。その他、TOEICやIELTSなどの語学試験対策コース受講者も多い。  
  特徴  
  1クラスの人数は5〜15名程度で、それぞれの学校によって基準は異なる。基本的にアットホームな雰囲気の中で行なわれ、堅苦しい勉強というイメージは排除されている。4〜5週間に一度クラス分けの試験が行なわれ、成長の度合いに合ったクラスで学べる。金曜日などは遠足に出かけるんど課外授業なども頻繁に行なわれる。  
  何が得られる!?  
  一定のレベルに到達する事により、カレッジや大学に進学できるシステムも用意されていたりします。また語学試験を受けてスコアを取得し、帰国後の就職に役立てる人も多いです。日本の英語教育では学ぶ事が出来なかった、リスニングやスピーキングが身に付きます。  
  期間の目安  
  1週間〜1年程度  
 
  何を学ぶ!?  
  開講されているコースはビジネス、会計、IT、ツーリズム、ホスピタリティ、デザインなどです。学校によって、カリキュラムの内容やコースの期間なども異なります。趣味程度のものから本格志向の高いコースまで様々用意されています。  
  特徴  
  日本では学ぶ事の出来ない、マイナーなジャンルや、そのお国柄を反映した学問を学べるのが魅力的。例えば、オーストラリアで言えば、環境産業に大きな力を入れているので、ツーリズムやホスピタリティーなどがオススメ。入学期間もフレキシブルな学校も多く、授業料もリーズナブルなので、語学留学後の選択肢に最適です。  
  何が得られる!?  
  私立専門学校、アメリカ圏のコミュニティカレッジ、オーストラリアのTAFEなどが有名で、卒業後にはプログラム修了を証明するサーティフィケートやディプロマなどが取得出来る。学生によっては、そのまま大学に編入する人もいる。語学プラスαが身につけられる留学生にも人気の高い選択肢。  
  期間の目安  
  1ヵ月〜3年程度  
  何を学ぶ!?  
  アメリカの大学では2年次までに一般教養科目を学び、3年時以降に専門科目を学ぶ。イギリス、オーストラリア、ニュージーランドの大学は3年制を採用しており、1年目から専門教科を学べるのが魅力的。学校によっては、大学本科入学前にファンデーションコースを1年間求める大学もあるので要注意。  
  特徴  
  日本には珍しい学部も海外の大学にはたくさんあるので、非常に魅力的です。また、日本の大学や短大で取得した単位なども認めてくれる場合が多く、編入する事も可能です。一番最初から大学に入学するのではなく、最初は専門学校で学び、その後に大学に編入するやり方もあり、オーストラリアではその方法が一般的です。  
  何が得られる!?  
  何と言っても、語学学校の範囲を超越した英語力と、専門知識や国際感覚などは就職の際にも周りのライバルに差をつけるポイントとなります。近年では、卒業時期が日本とは異なるため、留学生向けに採用枠を設けている企業も増えてきました。  
  期間の目安  
  コミュニティーカレッジ:1〜2年
学部課程:3〜4年
 
 
  何を学ぶ!?  
  海外の大学院は日本の大学院のシステムと異なり、研究主体の学術系大学院と専門職教育主体のプロフェッショナルスクールに大別されます。また論文のみのコースと単位取得のみのコースもあります。  
  特徴  
  何と言っても、日本ではまだ研究分野の浅い専門知識を学ぶことが可能となる。また世界的に有名な研究者や教授から直接学べる魅力もある。日本では大学院進学は、学士号と同じ学科にしか進学できないが、海外の大学院の場合、Graduate Certificate、Graduate Deplomaなどのステップを踏む事によって、バックグランドの違う教育を大学院で直接学ぶ事ができます。  
  何が得られる!?  
  留学後は専門分野での知識はもちろん、修士号や博士号を生かしたキャリアアップを狙ったパターンも多いです。特にMBA(経営学修士)の場合、様々な国から学生が集うので、卒業後にもその人脈は役に立ったりする。  
  期間の目安  
  Graduate Certificate:半年〜1年
Graduate Diploma:1年〜2年
修士課程:1〜2年 / 博士課程:2〜5年
 
 
 
 
 
英語教材を徹底分析してます!
留学資料をゲットしよう!
 
 
 
Copyright (C) 2003-2005 1st Kaigai Ryugaku Dot Com. All Rights Reserved
This site was designed and produced by Web Technical Team.
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO