留学のメリットって何!?留学準備って何から始めたら良いの?海外留学の一歩を伝授します!
留学は今や特別なことではありません。統計学上も年々留学生人口は増えています!  
留学で何をしたいですか!?どんな海外生活を送りたいかで留学地を決めていきます。
単純に行きたい国、あこがれのあの国に生活したい希望のある人は国ごとに決めていきます。  
留学地によって、留学費用も変わってきます。予算によって、留学地を決めていきます。  
人によって色々な勉強方法があります。誰でも出来る初歩的な勉強方法、留学前の勉強方法を紹介。  
留学エージェントの役割、活用方法、選び方等を紹介します。  
 
為替情報はコチラから!
 
トラベラーズチェックの情報はコチラから!
 
シティバンクのキャッシュカード申請はコチラから!
 
留学に関するトラブルはコチラに聞いてみよう!
 
パスポート申請情報はコチラから!
 
各国のワーキングホリデー情報はコチラから!
 
オーストラリア各種ビザはお任せ!
 
 
 
  留学生を受け入れる教育機関は主に7つあります。各機関によって、学費、入学条件、期間、学ぶ内容などが異なりますので、要チェック!  
 
  現地系の仕事なら語学力が必要!  
   ワーホリ向けの仕事は、ツアーガイド、美容室、通訳、翻訳、日本語教師、家庭教師、農作業、ホテルのハウスキーピング、おピア、ベビーシッター、現地系&日系レストランのウェイター、ウェイトレス、キッチンバンド、お土産屋、パン屋、スポーツショップの店員、日系業者の事務等が考えられます。

 それぞれの国で働ける職種が違えば、その国ならではの仕事もあるでしょう。英語力が無ければ、まず大抵の場合、現地企業で働く事は難しく、日本人相手の仕事のアルバイトの範囲で限定されてしまいます。海外で色々な経験をしたいのであれば、前半の半年は勉強に集中するなりして、後半の半年のための語学力を身につけるなどの計画が必要です。さらに、PCスキルなどの専門技能があれば仕事探しはそれだけラクになります。
 
 
  エクスチェンジワークで滞在費と食費を浮かせる方法も!  
   報酬目的というよりも、海外で働くという経験重視と言う方には、エクスチェンジという呼ばれる方法がある。ホテルや農場で無給で仕事をする代わりに宿泊施設と食事が与えられる制度。大抵は個人宅に住み込むオペアのスタイル。  
 
  日本人である特徴を活かした働き方をする!  
   幼稚園や小学校、または語学学校で成人対象に日本語を教えたり、剣道や空手、お茶などの日本文化を伝えたり、日本人であることを生かした活動をすることも出来たりします。
 注意が必要なのは、日本人であることで 日本語教師になることはできません。ですからあくまで日本語教師のアシスタントのボランティア的な形で経験をさせて貰う形となります。
 
 
  日本にない資格や安く取得できるものも!  
   スキー、スノーボード、スキューバ、スキーパトロール、車、オートバイ、ヨットなどの免許は日本に比べて安く取得できるものもある。ただ語学に自信が無い人は、日本語で書かれた教本を日本から準備しておいた方が良いだろう。四角を取る為に必死になれば、言葉も上達するので一石二鳥です。ダイビングやスキーの免許があることで、現地でインストラクターの道が開ける人も。  
 
  日本人である特徴を活かした働き方をする!  
   海外留学地では、日本では味わえないアウトドアスポーツを手軽に楽しめる絶好の環境が整っている。例えば、スノーボードを思う存分楽しむためにカナダのスキー場で働く、ニュージーランドのカヤックに挑戦、オーストラリアのビーチでサーフィン生活、などなどスポーツを主目的としたワーホリも可能だ。

<オーストラリア>
スキューバ、サーフィンなどのマリンスポーツが魅力。
<カナダ>
スキー、スノーボード、スカイダイビング、ヨット、セーリング、フィッシングなどが出来る。特に雪山でのアクティビティは人気があり、現地でボードやウェアを購入する人もいる。
<ニュージーランド>
スノーボード、スキューバ、サーフィン、ヨット、トレッキング、スカイダイビング、セーリング、ラフティングなどが出来る。ニュージーランドは海と山のスポーツの両方が楽しめる場所。
 
 
  長距離バスや車、鉄道などでラウンドに出る!  
   バックパックを背負って、ユースホステルやバックパッカーに泊まりながら何ヶ月間かかけて各地を旅をするラウンドに出るワーホリも多い。中には滞在地でアルバイトやエクスチェンジワークを見つけて旅行運賃を補給しながら旅を続ける人もいる。例えば、カナダからアメリカ、ニュージーランドからフィジーへ、というように近隣の国へ旅行も出来る。車、バイク、自転車で旅をしたり列車や長距離バスを利用したり、キャンプをしたりと、さまざまな旅の形がある。  
 
  ワーホリは語学学校からがセオリー!  
   言葉を習うだけではなく、ワーホリで最も重要な要素は情報収集にあります。語学学校はそのような情報収集や現地生活に慣れるためのスタートにふさわしい。多くのワーホリは留学エージェントを利用しての申込みをするが、現地で自分で申込みをすることも可能です。言葉が出来るようになれば、滞在がぐっと楽に、そしてさらに海外生活を楽しむことも出来るでしょう。仕事やボランティアの受け入れ先なども見つけやすい。行く国によって語学学校に通える期間に制限があるので要注意!  
 
  現地のサークルや文化教室に通う!  
   現地の人と友達になりたければ、住んでいる地域のサークルやカルチャースクールに通うのも良いだろう。音楽や美術、ダンスなどの趣味のコースやスポーツクラブ、ジムに通うことも、現地に溶け込む良いチャンスとなる。同じ趣味を持つもの同士だと会話もはずむものです。  
 
  ボランティアはいろいろな場所で出来る!  
   ワーキングホリデー相手国は、いずれもボランティア活動が盛んな国ばかりです。さまざまなボランティア団体があるので、機会も多いです。例えば、オーストラリアでは、世界中から集まってきた人々と、ロッジ、ファーム、テントなどに宿泊して自炊しながら4〜6週間の環境保全に参加すると言ったプログラムもある。現地や世界中の人々と進行を深めながら、自然保護に携わる事ができる。地域密着型のボランティアを探すのであれば、地域のセンターや学校などを尋ねてみるのも良いだろう。意外と受け入れて貰える可能性高い。  
 
 
英語教材を徹底分析してます!
留学資料をゲットしよう!
 
 
     
 
Copyright (C) 2003-2005 1st Kaigai Ryugaku Dot Com. All Rights Reserved
This site was designed and produced by Web Technical Team.
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO